恐怖体験

これはわたしが友達からきいた怖い話です。。
大学時代の友達なのですが、彼女は一人暮らしをしていました。一人暮らしなので、当然カギはいつも鞄の中にいれて持ち歩いていました。
カギにはわかりやすいように黄色の紐をつけていたそうです。この紐をかばんの持ち手のところに結んでおいてなくさないようにしておきました。鞄の中に入れていてもすぐに見つかるようになっていました。

しかし、ある日彼女が学校から帰ってきて部屋に入ろうとした時です。
いつもかばんに括りつけているはずの紐が見当たらなくなっていました。カギ自体も見つかりません。
紐がついているので失くすはずがないと思い込んでいたので一瞬信じられなかったそうです。
一日のことを思い出してみましたが朝必ず鍵を掛けたはずだし、そこから落とした記憶もないそうです。

しかたがないのでその日は鍵屋を呼んで新しく鍵を交換してもらったそうです。

そんなことがあってから2年がたちました。彼女はもう鍵をなくしたことも忘れていました。
しかし、ある日家に帰ってきてドアを開けようとした所、ドアノブに二年前になくした鍵がかかっていたそうです。紐は変色して緑色になっていたそうです。

その話はとても怖かったので印象に残っていました。
彼女と別の友だちと昼ごはんを食べている時にその話を思い出したので彼女に「あの話怖かったよね~」と話を振ってみました。するとなんと彼女は「え?何言ってるの?その話してくれたの(わたし)ちゃんじゃない」と言うのです。
わたしはぞっと背筋が寒くなるのを感じました。

鍵のお助けサイト!

玄関の鍵の紛失は鍵屋に相談!新しい鍵を作ってもらえます。